レジオネラ属菌検査精度管理サーベイ

 [お申込み同意画面] 
~レジオネラ属菌検査精度管理サーベイ参加申込書のご記入に際し、以下の点にご同意願います~

■参加要件
  1.  使用要件
    1.  病原体のバイオセーフティ―レベル(以下BSL)規定について
       「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」では、病原体を病原性の最も高いものを
      一種病原体として、四種病原体まで規定しています。
       また、病原体の規定とは別に、病原体の取扱者に対しての感染被害などの健康影響に基づき、BSLが
      規定されています。このBSLにも基づき、最も低リスクの病原体を扱うリスク群をBSL1として、BSL4までのリスク群を規定しています。
       本菌種はBSL2に分類されます。BSL2の微生物に対して設備・技術に対する要件を以下に記載いたします。  
    2.  施設要件
      1.  実験室内に、適切に管理された微生物試験を行う管理区域を有すること。管理区域の出入口には
        バイオハザードマークを標示すること。
      2.  管理区域の出入口及び病原体保管庫は施錠が出来る構造であること。保管設備にはバイオハザードマークを標示すること。
      3.  消毒用の薬剤が常備されており、壁・床等の消毒が可能であること。
      4.  管理区域内もしくは実験施設内に、高圧蒸気滅菌装置、もしくはそれに準ずる滅菌設備を有すること。
      5.  本サーベイでは、検査工程上エアロゾル発生の危険があることから、生物学用安全キャビネットが必要です。
    3.  作業従事者要件
       作業従事者に求められる基本的な要件について以下に記載します。
      1.  1年に1回以上、病原体に関するセキュリティ及びセーフティに関して教育を受けていること。
      2.  i の要件を満たさない場合には微生物試験に習熟しており十分な知識・技能を有すること。
        あるいは微生物試験に習熟した人の指導のもとで試験を行うこと。
  2.  精度管理サーベイ試料の使用承諾書
    1.  試料は、精度管理サーベイの目的以外には使用しません。
    2.  試料は、使用要件及び検査実施上の注意事項を厳守し使用します。
    3.  試料及び使用後の容器類は、検査終了後、直ちに滅菌してから廃棄し、他への分与・放置・保存はしません。
    4.  直接または間接的に発生する全ての出費・行動・環境汚染・健康被害・その他損失については、日水製薬株式会社の責に基づく過失により発生した場合を除き、いかなる場合においても日水製薬株式会社は責任を負いません。
    5.  使用者は、菌種の所持・使用に関する日本国内で適用される全ての法令・条例及び規則を順守する責任を負うことに同意します。


■2020年度レジオネラ属菌検査精度管理サーベイ指定法
「2020年度レジオネラ属菌検査精度管理サーベイ指定法」による検査対応が可能な施設様とさせていただきます。
 2020年度レジオネラ属菌検査精度管理サーベイ指定法


■個人情報取扱いに関して
  1.  収集目的: お預かりした個人情報につきましては、本サーベイのお申込みに関する確認及び連絡手段など正当な目的のみに利用させていただきます。
  2.  個人情報の確認、訂正、削除について: 個人情報の確認、訂正、削除について:個人情報に関する情報の確認、訂正または削除のご依頼があった場合には、申込者がご本人であることを確認させて頂いた上で、特別に理由の無い限り対応させて頂きます。
以上の「参加要件」「2020年度レジオネラ属菌検査精度管理サーベイ指定法」および「個人情報の取扱いに関して」について確認し、同意します。