コスモ会ニュース

日水製薬ではホームページ・コスモ会(https://cosmokai.com/)を通してお客様への情報提供をしております。このコスモ会には会員登録のシステムがあり、登録会員へは毎月メールニュースを配信して食品衛生に関するトピックス、検査技術情報および日水製薬の製品情報を提供しております。会員登録には一切費用は掛かりません。

メールニュース全文及びバックナンバーをご覧になるにはログインが必要です。

コスモ会メールニュース 2018年9月号 目次

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

     コスモ会メールニュース(2018年9月号)
       https://cosmokai.com/
       
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018年9月号のコスモ会メールニュースをお届けします。
(尚、コスモ会に登録の上、メールニュースの購読を希望されている方々へ配信
しております。)

9月号の内容
□トピックス:EUにおけるキュウリからのサルモネラ属菌による集団事例
□自動免疫蛍光測定装置 バイダス・ミニバイダス
□バイダス・サルモネラ関連試薬・培地
□通知(食安発0729第4号)に基づくサルモネラ用培地製品
□その他サルモネラ用関連製品
□第39回日本食品微生物学会学術総会ランチョンセミナーのご案内
□2018年度細菌検査精度管理サーベイの結果閲覧開始のご案内


------------------------------------------------------------------------------------
■トピックス:EUにおけるキュウリからのサルモネラ属菌による集団事例

 2016年8月、千葉県北西部と東京都西部の老人福祉施設において、キュウリの
ゆかり和えによるEHEC O157事例(患者数84人、死亡者数10人)が発生した。遺
伝子学解析法(MLVA反復配列多型解析法)を用いたことで、キュウリのゆかり和
えが原因食品であることが明らかになり、事例の拡大が抑制できたことは幸いで
あった。
 その後、大量調理施設衛生管理マニュアル(改正、2017)でも指摘されたよう
に、野菜や果物の次亜塩素酸ナトリウムによる殺菌が重要である。特に易感染者
(高齢者、若齢者など)を対象とする未加熱食品の衛生管理の徹底が要求される。


<<EU複数国におけるS. Agonaによる集団事例は
     キュウリが含まれる即席食品であるが汚染源の確定はできなかった>>

 イギリス、デンマーク、フィンランド、ドイツとアイルランドの5か国から報
告された患者数は合計147人であった。特にイギリスがもっとも多く129人の集団
事例、次いでフィンランドが15人、他の3か国はそれぞれ1人であった(EFSA 、
欧州食品安全機関)。この事例の始まりは2014年であり、ピークは2017年春から
2018年である。
・・・以下、中略


------------------------------------------------------------------------------------
■自動免疫蛍光測定装置 バイダス・ミニバイダス

 バイダス・ミニバイダスは、食品中の食中毒菌を簡易・迅速に検出する自動シ
ステムです。
 検査結果判定の客観性に優れ、検査のトレーサビリティーも確保します。また
検査に要する作業時間を大幅に短縮し、品質管理業務の生産性向上に貢献します。
 バイダスでは6項目(Salmonella、E.coli O157、Listeria、Listeria
monocytogenes、Campylobacter、Staph.Enterotoxin)を抗原抗体反応またはバ
クテリオファージを用いた反応原理にて検出することが可能で、公定法の試験操
作と比較して、短時間に検出できます。
 バイダスによる食中毒菌の検査は、第三者機関により妥当性確認された試験法
として、食品衛生検査指針に収載されており、AOAC認証やISO規格に基づくバリ
デーションによる承認(AFNOR)を受けた測定法です。

<バイダス・ミニバイダスの特徴>
・迅速性:Salmonella、E.coli O157、Listeria、Listeria monocytogenes、Campylobacter、
 Staph.Enterotoxin の6項目の測定時間は45~80分で、前培養含めた判定時間
 は翌日判定が可能です。
・培養液を装置にセットするだけの簡便操作で作業時間の大幅短縮。
・複数項目同時アッセイが可能。
・大量処理能力(バイダス:250テスト/日、ミニバイダス:80テスト/日)。
・モノテスト包装で経済的、キャリーオーバーなし。
・スパーとストリップで測定が完結。流路系が無いため、廃液管理も不要。
・トレーサビリティー。


バイダス・ミニバイダスについての詳細は下記をご覧ください。

自動免疫蛍光測定装置 バイダス・ミニバイダス
http://www.biomerieux-jp.net/industry/n002.php

バイダスを用いたサルモネラ迅速検出法の検討
(日本食品微生物学会雑誌Japan  Journal of Food Microbiology , 23 (3),156-164, 2006)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsfm1994/23/3/23_3_156/_pdf


------------------------------------------------------------------------------------
■バイダス・サルモネラ関連試薬・培地

バイダス・ミニバイダス用Salmonella検出用試薬:
・製品コード33207 VIDAS SLM 60テスト
(抗原抗体反応、測定時間:45分、陰性までの時間:48時間)
・製品コード33210 VIDAS SPT 60テスト
(バクテリオファージ、測定時間:48分、陰性までの時間:翌日)
・製品コード33223 SXブイヨン2  10mL×20本
(バイダス EASY SLM プロトコール専用選択増菌培地)
・製品コード33226 バイダスSPTサプリメント(SUPPT) 8本
(食品および環境中のサルモネラ菌検査における増菌培養添加試薬)
・製品コード33108ペプトン緩衝溶液(90ML) 90mL×6本
・製品コード33215ペプトン緩衝溶液(225ML)  225mL×6本
・製品コード33228ペプトン緩衝溶液ミニバッグ 225mL×6本
・製品コード33232ペプトン緩衝溶液 4x3L 3L×4袋
(菌液の希釈、サルモネラの増菌 調整済培地。ISO 承認)
・製品コード33220ラパポート バシリアディス ソイ ブイヨン 10mL×20本
(試験管培地 ISO 6579該当)
・製品コード33229ミュラーコフマンテトラチオネートブイヨン 10mL×100本
(試験管培地 ISO 6579該当)

新発売のご案内(食品微生物検査用 ビオメリュー社製品)
https://cosmokai.com/img/files/201807_bmj.pdf


------------------------------------------------------------------------------------
■通知(食安発0729第4号)に基づくサルモネラ用培地製品

前増菌用培地
・製品コード56220緩衝ペプトン水「BPW ISO組成」450mL用×110包顆粒
(サルモネラ増菌前培養用)
選択増菌用培地
・製品コード05130ラパポート・バシリアディス培地300g
・製品コード05132テトラチオネート培地300g
選択分離培地(H2S産生により判定する培地)
・製品コード05041 MLCB寒天培地300g(H2S産生により判定する培地)
・製品コード05041 DHL寒天培地300g顆粒(H2S産生により判定する培地)
選択分離培地(H2S産生によらず判定する培地)
・製品コード33101 CHROMID SALMONELLA(20)  90mm×20枚
(サルモネラの選択分離、検出 厚労省通知収載、ISO6579該当 生培地)


------------------------------------------------------------------------------------
■その他サルモネラ用関連製品

選択分離培地
・製品コード05140 X-SAL寒天培地300g「発色酵素基質含有培地」
(H2S産生およびH2S非産生サルモネラを鑑別できる培地)

関連製品
・製品コード06732コンパクトドライSL 40枚(4連×10)
・製品コード06733コンパクトドライSL 240枚(4連×60)
(H2S産生およびH2S非産生サルモネラを鑑別できる培地)
・製品コード06750フードスタンプMLCB 100枚(5連×20)
・製品コード06751フードスタンプMLCB 30枚(5連×6)
(H2S産生により判定する培地)
・製品コード06626 IDテストEB-20 25検体用
・製品コード06628 IDテストEB試薬 100検体用
(ブドウ糖発酵性グラム陰性桿菌同定用)
・製品コード33901 アピ10S 50回用
・製品コード33907 アピ20 25回用
・製品コード33952 ID32 Eアピ 25回用
・製品コード33955 ラピッドID32 Eアピ 25回用
・製品コード33513 バイテック2 GN同定カード 20枚

備考)本来、菌種名はイタリック体で表記すべきところですが、都合上書体やフォ
ントの指定ができないため、そのままの表記とさせていただいております。ご了承ください。


------------------------------------------------------------------------------------
■第39回日本食品微生物学会学術総会ランチョンセミナーのご案内

 平成30年9月27日(木)~28日(金)に大阪市立大学杉本キャンパスにおいて
開催される第39回日本食品微生物学会学術総会にて、ランチョンセミナーを
日水製薬株式会社とビオメリュー・ジャパン株式会社の共催で実施致します。

日 時:平成30年9月27日(木) 11:50~12:40
場 所:大阪市立大学 杉本キャンパス D会場  定員150名
                (全学共通教育棟1階812教室)
テーマ:食品微生物検査の簡易・迅速試験法導入のメリット
    ~試験法選定のポイントと活用方法~
    講演者:片瀬 満 先生(不二製油株式会社 技術開発・生産管理部門
                品質保証部 食品安全管理グループ)
    座長:大橋英治(日水製薬株式会社学術顧問
                前 日本水産株式会社食品分析センター長)

整理券は当日8:50より配布されます。

コスモ会 学会・セミナー情報
https://cosmokai.com/img/files/201809seminar..pdf
ランチョンセミナーのご案内
https://cosmokai.com/img/files/201809seminar..pdf


------------------------------------------------------------------------------------
■2018年度細菌検査精度管理サーベイの結果閲覧開始のご案内

 2018年度細菌検査精度管理サーベイの結果閲覧が8月31日(金)より可能にな
りました。本サーベイに参加された方は、是非ご自身の結果をご覧になり、今後
の品質管理にお役立てください。


------------------------------------------------------------------------------------
■その他
このメールニュースの配信を希望されない方は、コスモ会HPの「お問い合わせ」
欄よりご連絡くださいますようお願い致します。
------------------------------------------------------------------------------------


日水製薬株式会社 コスモ会事務局
コスモ会ホームページ https://cosmokai.com/
ご意見、ご感想、ご質問などありましたらコスモ会HPの「お問い合わせ」欄より
ご連絡ください。


製品のご購入・お問い合わせ

バックナンバー
最新号の全文およびバックナンバーをご覧になるには会員登録が必要になります。
2018年9月号
2018年8月号
2018年7月号
2018年6月号
2018年5月号
2018年4月号
2018年3月号
2018年2月号
2018年1月号
2017年11月号
2017年10月号
2017年9月号
2017年8月号
2017年7月号
2017年6月号
2017年5月号
2017年4月号
2017年3月号
2017年2月号
2017年1月号
2016年12月 年末特大号
2016年10月号
2016年9月号
2016年8月号号外
2016年8月号
2016年7月号
2016年6月号
2016年5月号
2016年4月号
2014年10月号
2014年8月号
2012年3月号
2012年2月号
2012年1月号
2011年12月号
2011年11月号
2011年10月号
2011年9月号
2011年8月号
2011年7月号
2011年6月号・号外
2011年6月号
2011年5月号・号外
2011年5月号
2011年4月号
2011年3月号
2011年2月号
2011年1月号(号外)
2011年1月号
2010年12月号
2010年11月号
2010年10月号
2010年9月号
2010年8月号
2010年7月号
2010年6月号
2010年5月号
2010年4月号
2010年3月号
2010年2月号
2010年1月号
2009年12月号
2009年11月号
2009年10月号
2009年9月号
2009年8月号
2009年7月号
2009年6月号
2009年5月号
2009年4月号
2009年3月号
2009年2月号
2009年1月号
2008年12月号
2008年11月号
2008年10月号
2008年9月号
2008年8月号
2008年7月号
2008年6月号(号外)
2008年6月号
2008年5月号