コスモ会ニュース

日水製薬ではホームページ・コスモ会(https://cosmokai.com/)を通してお客様への情報提供をしております。このコスモ会には会員登録のシステムがあり、登録会員へは毎月メールニュースを配信して食品衛生に関するトピックス、検査技術情報および日水製薬の製品情報を提供しております。会員登録には一切費用は掛かりません。

メールニュース全文及びバックナンバーをご覧になるにはログインが必要です。

コスモ会メールニュース 2017年9月号 目次

===================================================================
       コスモ会メールニュース(2017年9月号)
           https://cosmokai.com/
===================================================================

2017年9月のコスモ会メールニュースをお届けします。メールニュースを通じて
様々な情報を定期的にお届けして参ります。
(尚、コスモ会に登録の上、メールニュースの購読を希望されている方々へ配信
しております。)
今回は、「最近の集団食中毒事例」について紹介いたします。また、その他トピッ
クスについても掲載しておりますので併せてご参考ください。

------------------------------------------------------------------------
■トピックス:最近の集団食中毒事例

 学校給食におけるきざみ海苔によるノロウイルス事例、さらにポテトサラダに
よる腸管出血性大腸菌(EHEC)O157事例が発生、3歳の女児の死亡という痛まし
い事例が生じた。今年6月16日、厚労省は大量調理施設衛生管理マニュアルを改
正した(生食発0616 第1号)。まさにノロウイルスおよびEHEC O157についての
重点的対策である。特に、生食野菜など未加熱食品の安全性確保、調理従事者の
健康状態の確認が目的である。アメリカでも類似の事例が報告されているので紹
介しよう。


<<サカナと鶏肉が多くの集団腸管感染症事例と関連がある>>

 CDCによると、集団腸管感染症事例数は902件、患者数は15,202人、入院患者数
は950人、死者数は15人、食品の回収は20件であった。原因となる食品はサカナ
(34例)、鶏肉(22例)、豚肉(9例)および乳製品(18例)であり、乳製品は
14例が未加熱であった。公衆衛生、監視に関わる公的機関と企業のスタッフは、
ターゲットとなる食品と病原物質の特定やコントロール戦略にこれらのデータを
活用している。・・・以下、中略


------------------------------------------------------------------------
■衛生管理手法の一つである、ふき取り検査法とその簡易化の紹介

 表面付着菌検査は、「ふき取り検査法」が一般的に行われます。ふき取り検査
法は衛生試験法・注解2000年の日本薬学会編に下記のように記載されています。

『1.一般試験法  1.2微生物試験法 1.2.2真菌 1.2.2.1真菌一般試験法
4-(7) ふき取り培養法 物体表面に付着している真菌数の測定に適用する。
1) 綿棒:滅菌綿棒に一定量の滅菌生理食塩水または水を加えて湿らせて用いる。
2) ガーゼ:共栓ガラス瓶に10cm2の局方ガーゼ2枚を重ねて六つ折りにしたも
のを入れ、生理食塩水または水1mlを加えて湿らせ、高圧蒸気滅菌する。
3) 超音波洗浄装置:ガラス器具洗浄用の超音波洗浄装置
〔試験操作〕一定量の生理食塩水または水で湿らせた滅菌綿棒あるいはガーゼで、
物体表面100cm2をふき取る。それを10~50mlの滅菌水中で激しく振とうあるいは
超音波洗浄し、洗浄液を(4)希釈培養法で示した0.05%寒天溶液または1%CMC溶
液で連続10倍段階希釈を行う。各段階の希釈液0.5mlを(4)希釈培養法に示した分
離培地に塗抹し、25℃で5~7日間培養する。出現した集落を計数し、1cm2当たり
の真菌数を算出する。』

 実際にはこの様な事柄を踏まえ、ばらつきを少なくするために、ふき取りする
面積・回数・圧力・材質を決めてふき取りを行い、輸送中の菌数変化を考え時間
や温度管理を規定するほか、培養方法にも注意が必要になります。
1、「ふき取る面積および回数」
まず拭き取り対象物の左上から横方向に下端まで20往復し、次に左下から縦方向
に右端まで同じく20往復し、ふき取り枠内をまんべんなくふき取ります。このよ
うな事をマニュアル化しておきます。

2、「ふき取る力」
ふき取りの圧力をなるべく一定にします。綿棒を対象物に斜めにあて、綿棒の軸
がしなるくらい(約100~150g)に検査箇所に押しつけます。

3、「輸送と培養」
輸送中の菌数変化やその後の培養での培地作製や混釈への心配を少なくするため
に、その場でコンパクトドライ(日水製薬の簡易培地)に1ml接種します。これ
により菌数の変化なども心配なく行えます。

次号はコンパクトドライをご紹介いたします。


------------------------------------------------------------------------
■新製品情報:毛髪異物、食品中の混入肉を遺伝子検査で簡単迅速判定!
「ジーンフィールド(R)シリーズ」9/1より新発売中!

 食品に混入した毛髪異物および食品中の混入肉を核酸クロマトグラフィーによ
る遺伝子検査法によって検査・判定するキット、「ジーンフィールドRシリーズ」
を平成29年9月1日より新発売し、ご好評をいただいております。

【主な特長】
1.「簡便」
  遺伝子検査によって客観的、目視にて判定可能です。また煩雑な専門技術は
  必要ありません。
2.「低コスト・省スペース」
  高額な設備・装置への初期投資が不要です。持ち運びに適したコンパクト
  設計で海外現地工場などでの検査も可能です。
3.「効率的」
  短時間(2-3時間)、高感度かつ一度に複数の動物種を判定可能です。

【商品情報】
<キット>
「ジーンフィールドヘア 24」 コード69302 包装24テスト 希望納入価格48,000円
「ジーンフィールドミート 24」コード69301 包装24テスト 希望納入価格43,200円
貯法:冷所(2-8℃)/ 使用期限:製造後12ヶ月間

製品の詳細はコスモ会ホームページおよび下記URLをご参照ください。
https://cosmokai.com/recommend/10

どうぞご検討の上、ご愛用いただきますようお願いいたします。


------------------------------------------------------------------------
■第38回日本食品微生物学会学術総会 「展示・ランチョンセミナー」のお知らせ

「第38回 日本食品微生物学会学術総会」が10/5(木)~10/6(金)にて開催されます。
当社は、昨年度に続き、展示及びランチョンセミナーを開催いたしますので是非ご来場ください。


概要は下記の通りです。

【展示】
◆日時:10/5(木)9:00~18:00 及び 10/6(金)9:00~14:30
 本学会付設展示会場にて弊社製品を展示しておりますのでぜひお立ち寄りください。
 ※上述の新製品「ジーンフィールドRシリーズ」を展示します!

【ランチョンセミナー】
 ◆日時:10/6(金)12:30~13:30
 ◆場所:4階大会議室 E会場/ 収容人数:90名
 ◆演題:HACCPの導入・運用に向けた微生物検査法のポイント~目的に合わせた培地の選び方~
 ◆講演者:和田 貴臣 先生
(一般財団法人 広島県環境保健協会 環境生活センター 食品衛生課 課長 医薬学博士)

ランチョンセミナーは整理券制で先着順となっておりますので当日お早めにお越しください。
・配布場所:あわぎんホール(徳島県郷土文化会館) 中地階ホワイエ A会場前
・配布日時:2017年10月6日(金)8:30~12:00 (先着順、なくなり次第終了)

本年度の会場は 「あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)」
(住所:徳島県徳島市藍場町2丁目14番地)(JR徳島駅から徒歩8分)となっ
ております。
詳細は右記URLをご参照ください。http://www.jsfm.jp/conf/2017/


------------------------------------------------------------------------
■2017年度食品衛生検査セミナー開催のお知らせ(まもなく申込締切です!)

2017年度食品衛生検査セミナーを10/18(水)(東京会場)と10/25(水)(大阪
会場)で開催いたしますので奮ってご参加ください。詳細は下記の通りです。

□東京会場
・開催日時 2017年10月18日(水) 12:50~17:00 (開場・受付開始12:15~)
・開催場所 KFC Hall & Rooms(国際ファッションセンター)(東京都墨田区横網1-6-1)
・参加定員 250名


□大阪会場
・開催日時 2017年10月25日(水) 13:00~17:00  (開場・受付開始12:15~)
・開催場所 大阪国際交流センター さくら東・西(大阪府大阪市天王寺区上本町8-2-6)
・参加定員 250名

※各会場定員に達し次第、締め切らせていただきますのでお早めにお申し込みください。


□内容
12:50~13:00 食品衛生検査セミナー賞受賞式 (東京会場のみ)

13:00~14:00 講演1
 「キユーピーグループの微生物検査の信頼性確保へのとりくみ」
 キユーピー株式会社 品質保証本部 食品安全科学センター
                  微生物チーム 大河内 美穂 様

14:00~15:00 講演2
 「HACCP導入法制化に伴う外食・中小規模事業の自主衛生管理態勢構築のご提案」
 アース環境サービス株式会社
 彩都総合研究所 分析センター東日本 副センター長 竹中 達晴 様 (東京会場)
 彩都総合研究所 分析センター 副センター長   矢野 圭介 様 (大阪会場)

15:25~16:25 講演3
 「HACCP法制化に向けた近年の動向と自主検査の在り方について」 
 国立医薬品食品衛生研究所 食品衛生管理部 部長 朝倉 宏 様

16:25~16:55 「2017年度細菌検査精度管理サーベイ集計結果」
 日水製薬株式会社 営業統括部長直轄 ソリューションチーム   辻 彩香

16:55~17:00 閉会

□参加費
3,000円/人(当日会場にてお支払いをお願い致します)

□お申込み方法
FAXまたはE-mailにてお願い致します。
詳細に関してはコスモ会ホームページhttps://cosmokai.com/seminor/view?id=117
をご覧ください。

◇お問い合わせ先
日水製薬(株) 2017年度食品衛生検査セミナー担当
〒110-8736 東京都台東区上野3丁目23番9号
TEL:03-5846-5729 / FAX:03-5846-5629
E-mail : seminar@nissui-pharm.jp


------------------------------------------------------------------------
■その他
このメールニュースの配信を希望されない方は、コスモ会HPの「お問い合わせ」
欄よりご連絡くださいますようお願い致します。
------------------------------------------------------------------------

日水製薬株式会社 コスモ会事務局
コスモ会ホームページ https://cosmokai.com/
ご意見、ご感想、ご質問などありましたらコスモ会HPの「お問い合わせ」欄より
ご連絡ください。


製品のご購入・お問い合わせ

バックナンバー
最新号の全文およびバックナンバーをご覧になるには会員登録が必要になります。
2017年9月号
2017年8月号
2017年7月号
2017年6月号
2017年5月号
2017年4月号
2017年3月号
2017年2月号
2017年1月号
2016年12月 年末特大号
2016年10月号
2016年9月号
2016年8月号号外
2016年8月号
2016年7月号
2016年6月号
2016年5月号
2016年4月号
2014年10月号
2014年8月号
2012年3月号
2012年2月号
2012年1月号
2011年12月号
2011年11月号
2011年10月号
2011年9月号
2011年8月号
2011年7月号
2011年6月号・号外
2011年6月号
2011年5月号・号外
2011年5月号
2011年4月号
2011年3月号
2011年2月号
2011年1月号(号外)
2011年1月号
2010年12月号
2010年11月号
2010年10月号
2010年9月号
2010年8月号
2010年7月号
2010年6月号
2010年5月号
2010年4月号
2010年3月号
2010年2月号
2010年1月号
2009年12月号
2009年11月号
2009年10月号
2009年9月号
2009年8月号
2009年7月号
2009年6月号
2009年5月号
2009年4月号
2009年3月号
2009年2月号
2009年1月号
2008年12月号
2008年11月号
2008年10月号
2008年9月号
2008年8月号
2008年7月号
2008年6月号(号外)
2008年6月号
2008年5月号